会員紹介2(情報部会)

TOP > 会員紹介2(情報部会)

会員紹介2(情報部会)

さんえすクラブ会員の「情報部会」では、生産者交流会やまつりを通じて複数の生産者による魅力的な企画メニューを提案し、組合員のより良い生活をめざして活動しております。

会員リスト

(有)アキヤマ食品 英君酒造(株) (株)エコ・グリーン
(株)オリマツ (株)カジノヤ (株)佐藤印刷所
(株)しむら 常総センター 木村製菓(株)
(株)ニッコー (株)豆彦 和光農園グループ
(株)ウエルライフ    

会員紹介

会社名 (有)アキヤマ食品
所在地 神奈川県相模原市緑区橋本台2丁目5-23
ホームページ
取り扱い品目
会社紹介

有限会社アキヤマ食品は、昭和60年神奈川県相模原市に冷蔵食品及びドライ品の運送会社として設立。1999年に生活クラブ神奈川デポー事業部と、北部市場での仕分け作業、各デポーへの配送業務の委託契約を結び、現在に至っております。消費材を配送するにあたり、品質管理や安心と安全を全てにおいて、生活クラブ様地域の生産者様の消費材の鮮度を保ちつつ配送し、組合員様の立場に立った物流を目指して頑張ります。

会社名 英君酒造(株)
所在地 静岡県静岡市清水区由比入山2152
ホームページ http://www.eikun.co.jp/
取り扱い品目

純米酒英君、本醸造英君、米だけで仕込んだ料理酒 他

会社紹介

英君酒造は創業明治14年、東には富士山を仰ぎ、南には広大な駿河湾に面した漁師町である静岡市清水区由比にあります。

造り酒屋というと地元の大地主が小作米の余りを用いて仕込み始めたというのが一般的のようですが、英君は元々が分家で土地も小作米も無く、創業当時から優秀なお米を探してお酒を仕込んでいたようです。また仕込み水も蔵から3kmほど離れた山から湧き出る清冽な水を使用するために二代目が山ごと買い取ったという話です。

酒質としては、純米酒と本醸造酒は辛口で淡麗。どんな食事にも相性の良いように、またお互いに引き立てあって美味しく感じるようなタイプの日本酒を目指しています。また米だけで仕込んだ料理酒は国産原料米を100%使用して純米で仕込んでいますので、添加物を一切使用しておりません。小さいお子さんのいるご家庭でも安心安全にご利用いただけます。

会社名 (株)エコ・グリーン
所在地 神奈川県横須賀市船越町7-40
ホームページ http://www.ecogreen-bhc.co.jp/(すいとん粉紹介用ホームページ)
取り扱い品目

アーダブレーン化粧品、クルード化粧品、オリーブスクワラン、美馬油、アレッポの石鹸、すいとんの粉、フィシュコラーゲン、ファミリーうこん、グルコサミン&コンドロイチン、天然ビタミンCアセロラ、スッキリ食物繊維、スカイカルシウム

会社紹介

安全性を第一に考えパラベンや香料など肌にとって刺激のある成分を使用しないで安心してお使いいただける化粧品と、素性確かな原材料を使用し賦形剤(打錠に固めるためのツナギ)にまでこだわった健康食品をお届けしています。

組合員さんのご意見やご感想の中に消費材の開発や改良へのヒントがあるかもしれません。交流会などで直接お話を伺う機会がございましたら、是非いろいろなご意見やご要望をお聞かせください。

会社名 (株)オリマツ
所在地 神奈川県横浜市神奈川区青木町10-2
神奈川県相模原市中央区横山2-5-2
ホームページ http://www.orimatsu.co.jp/
取り扱い品目

食品用容器・包装資材全般
使用済み食品用トレーの回収
ポリエチレン系食品包装用ラップ

会社紹介

食の安心・安全が問われる現在、生活者からは食品に対する不安感や不信感が増幅する傾向にあるようです。弊社で取り扱っている食品用包装資材に関しましても、本当に安全な素材が使用されているのかと疑問に感じられている生活者が多くいらっしゃるものと思われます。現在、弊社では使用済み食品用トレーをデポーから回収しております。回収したトレーは、トレー生産者へ返却された後に、他のプラスチック製品に素材の一部として再利用されております。最近ではこれまで難しいといわれていた透明食品容器のリサイクルシステムも確立されつつあります。常に最新の情報収集に努め、今後もその情報を正確にお伝えいたします。

会社名 (株)カジノヤ
所在地 神奈川県川崎市麻生区岡上488-1
ホームページ http://www.kajinoya.co.jp/
取り扱い品目

1)小粒納豆80g×1
2)納豆(中粒)80g×1
3)小粒納豆カップ40g×3
4)麦納豆カップ30g×3
5)ひきわり納豆カップ30g×2
6)けんこうくん納豆カップ40g×3
7)本造り納豆わら容器80g×2
8)黒豆納豆カップ30g×3

会社紹介

カジノヤは生活クラブ・ふくしクラブさんへ供給しております納豆の原料は国産大豆100%で製造しております。小粒大豆は北海道産、中粒大豆は東北地方産を使用しております。(ひきわりも中粒大豆を割った豆)

新たな取り組みとして5年前よりお米の産地庄内地方の大豆生産者と提携して、より栽培者の見える小粒大豆(スズカオリ種)を原料にした納豆作りに取り組み始めました。まだまだ全種類の消費材をまかなうだけの収穫量がないのですが、今では共同購入消費材(小粒カップ4)の年間供給分を山形のスズカオリで供給できるようになりました。今年〔2011年〕からは経木小粒納豆も庄内スズカオリで数か月分は供給できるようになります。よりわかる消費材作りを行っております。

これからもクラブの皆さんとの関わりを深め協力しあいながらより良い消費材作りに当たってまいります。

会社名 (株)佐藤印刷所
所在地 神奈川県横浜市西区戸部町1-13
ホームページ http://www.spms-net.ne.jp/
取り扱い品目

一般印刷(チラシ、議案書、封筒等)、電算用印刷(OCR等)、情報サービス(デザイン版下作成、ホームページ(ご覧のホームページの制作・更新も行っています)、携帯サイト、販促等)

会社紹介

(事業活動について)
大正12年、横浜の地で創業した私共は、印刷という手段を使って皆様の情報発信のお手伝いをして参りました。社会の発展に伴い、インターネットや携帯電話、電子書籍等々、情報を伝える手段は日々進化を続けています。私共は、長年の実績で培われた経験・技術・信頼を基盤に、いち早く最新の機器や技術を吸収し、紙の印刷にとどまらず様々なメディアを駆使し、「どのような形で情報を伝えればその価値をより高められるか」を考え、最も適した品質・納期・価格により皆様の思いの実現を支援させて頂いております。その中で、情報の受信者にやさしいユニバーサルデザイン等のご提案と、廃棄物や消費エネルギーの削減等、環境保全へ配慮した企業活動の推進に努めております。

(組合員の方へ)
私共は「消費材」を供給する生産者ではありませんが、チラシや機関誌、議案書、ニュースなどを作成するなかで、組合員や職員の方々と信頼関係を築き、組合員拡大と利用推進、組合員間の情報共有と地域社会への情報の発信など、皆様の「想い」の実現に向けての活動をサポートさせて頂いております。
また、版下の作成においては、手書き原稿もデータ入稿にも柔軟にご対応致しております。
入稿に際してご不明な点があれば、お気軽にご相談下さい。

会社名 (株)しむら
所在地 神奈川県川崎市宮前区馬絹541-6
ホームページ http://www.simsimjapan.com/
取り扱い品目

セサミオイルピュア・セサミオイルシトロン・セサミオイルビューティー・セサミオイルリフレッシング・セサミオイルプリング・ヘッドマッサージオイル・ヘナカラー・アーユスクリーム

会社紹介

これからの社会では自分自身の健康を維持し、齢をとっても生き生き元気に過ごすという事が何より大切です。(株)しむらは赤ちゃんからお年寄りまで安心してお使い頂けるスキンケア製品を作り上げました。

肌を整える事だけでなく心の癒しにもなり心身共に健康維持促進するセサミオイル。人生を豊かにエンジョイするお手伝いができるよう、心をこめて(株)しむらならではのオリジナル製品を作っていきたいと思います。

学習会や展示会ではアーユルヴェーダの考えを基にした未病対策など、セサミオイルやヘナを身近に取り入れて頂ける生活スタイルを提案しています。

会社名 木村製菓(株)
所在地 北海道小樽市新光5-12-11
ホームページ http://www.kimuraseika.com
取り扱い品目

北海道産の豆と砂糖を使用した甘納豆を製造しております。

会社紹介

北海道の小樽で菓子の製造を行っている木村製菓と申します。

大豆や小豆などの安全で高品質な豆類の産地である北海道ではありますが、農業従事者の高齢化や安価な外国産の影響も有り、近年では作付面積が縮小傾向にあります。

木村製菓は、甘納豆を通じて皆様に北海道の豆の魅力をお伝えし、北海道の豆作農業を守る一員となれるよう目指して活動しております。

会社名 (株)ニッコー
所在地 本社工場 神奈川県大和市代官1-10-3
八代工場 熊本県八代市二見本町681-2
ホームページ http://www.nikkofood.co.jp/
取り扱い品目

豆腐だんご・お弁当用、エビチリ豆腐団子・弁当用、蓮根とえびの寄せ揚げ・弁当用、豆腐と野菜のふんわり揚げ、大学いも、ミニアメリカンドッグ、中華ちまき、けんちん汁、ミニたい焼き(あんこ)、ミニたい焼き(カスタード)、お弁当用つくね串、お弁当用串カツ、お弁当用白身魚のタルタルソースフライ、おべんとう焼売、大きな豆腐肉団子、野菜かき揚げ、お弁当野菜グラタン、桜海老とイカの野菜かき揚げ

会社紹介

創業当初より「自分の子どもに安心して食べさせられる食品をつくる」をモットーに、化学調味料に一切頼らず、素材の旨味を活かした冷凍食品の製造を行っています。肉類や野菜は国産のものを使い、生活クラブの消費材には、調味料の一部も生活クラブ生産者のものを使用するなど、商品パッケージには記載されない部分にもこだわっています。

昨今の冷凍食品でも、「保存料・着色料」不使用 という市販品が出回ってきてはおりますが、裏面の原材料を見るとやはり「調味料(アミノ酸等)」と表示されているものが多くあります。そういったものはたしかに味覚では美味しく感じますが、やはり自然の味とは異なります。お母さんたちが作ったものと同等の自然食材で作った消費材で、少しでも忙しいお母さんたちのお力になれるよう、安心・安全・本物の味を作り続けます。

会社名 (株)豆彦
所在地 神奈川県横浜市港南区港南台6-33-11
ホームページ http://www.mamehiko.co.jp/
取り扱い品目

生活クラブ・木綿豆腐 絹豆腐 焼豆腐 がんもどき 厚揚げ 絹厚揚げ 油揚げ 寄せ豆腐 黒ごま寄せ豆腐 青大豆寄せ豆腐 エゴマ寄せ豆腐 乾燥おから
デポ・上記消費財 刺身湯葉 平湯葉 茶碗蒸し
福祉クラブ・乾燥おから

会社紹介

大豆は、我々の食生活に一番身近な食材であり日本の文化に深くかかわりをもってきた食材です。最近日本人の食卓が乱れかかっていると言われていますが、豆腐、納豆、味噌、醤油、という大豆製品をとりいれ、日本型の食を守りつづけたいものです。

この国には昔より「身土不二」という言葉があります。その土地で収穫される農作物を旬にいただきながら生活をしていれば健康な毎日をおくれる。と言う意味がこめられているそうです。輸入原料や輸入食材の山に囲まれて生活をしなければならない今日、せめて数少ない国内産原料の豆腐を食べて健康な生活を送ってください。

私共は、美味しく安全な豆腐をこれからも造り続けてゆきます。

生活クラブとの関り
1983年 生活クラブ生活協同組合と提携 霧が丘デポ-に納入
1986年 野菜ライン開始 茅ヶ崎センタ-に納入
現在 旭、港南、葉山、小田原センタ-、霧が丘、すすき野、茅ヶ崎、本牧、東戸塚、日限山、ライフタウンデポーに納入しております。

会社名 和光農園グループ
所在地 和歌山県海南市下津町曽根田643
ホームページ http://wakouen.exblog.jp/
取り扱い品目

柑橘類(温州みかん、ネーブルオレンジ、レモン、ポンカン、木成りはっさく、甘夏、ポン酢用ダイダイ、清見オレンジ、三宝柑、ジュース用原料みかん)

会社紹介

わたしたちは本州最南端和歌山県の北西部に位置する有田、下津地域で急傾斜面の段々畑を利用してみかんなどの柑橘類を作っている小さなグループです。化学肥料を全く使わず、化学農薬も再生産に最低不可欠なものだけを使用し、それも栽培の前半のみとしています。有機リン剤の使用を止め、環境ホルモンの疑いのある農薬も減らして来ています。そのためみかんの樹を枯らせる虫が多くなってきています。永年作目で一人前になるのに20年近くかかる柑橘栽培で樹が枯れるということは大きな問題です。しかしながら安全、安心を第一に考え、「環境にも作る人にも食べてくれる人にも優しく美味しい果物作り」を目指しています。

また最近では温暖化対策や組合員さんの要望に応えてアボカドやグレープフルーツ栽培にも挑戦しています。結果が出るまでまだまだかかりますが応援よろしくお願いします。

会社名 (株)ウエルライフ
所在地 神奈川県横浜市港北区新横浜2丁目8番4号オルタナティブ生活館4F
ホームページ http://www.anzu-kanpou.jp/
取り扱い品目 スーパー酵素、グルコサミン&コンドロイチン、桑葉顆粒、ヘルシーFe、フィッシュコラーゲンCF、ファミリーうこんEX、E-SAN、ラクトフェリン+乳酸菌、ニューインターフェルミンラブレ、小麦若葉の青汁、サラシア・キトサン、青みかんパワー100、天然ビタミンCアセロラ、イチョウ葉エキス錠、イチョウ葉+DHA・EPA、コエンザイムQ10&アスタキサンチン、平田牧場コラーゲン、プラセンタ+W低分子コラーゲン&ヒアルロン酸、アマニ油&ルテイン、華密恋製品など
会社紹介

当社は組合員の「自分たちの健康は他人任せにしないで自分たちで管理していこう」という健康・医療の運動の中から、1995年に生活クラブ、コミュニティークラブ(当時)、福祉クラブの3生協が中心になって設立されました。同時に「健康づくりの地域拠点」として、あんず薬局を開局しました。「自己(自然)治癒力を高めること」「組合員自身による健康の自主管理を発展させること」を経営・運営のキーワードにしています。

健康食品は、もともとは予防医学の観点から生み出されたものです。「病気になりにくい体質づくり」「健康の維持・増進」への貢献こそ健康食品の利用目的と考えています。安全・安心はもとより、原料からの加工工程すべてを明確にした製品を提供しています。

また、健康に関するさまざまな相談、養生法もあんず薬局で行っています。消費材(健康補助食品)を通して個々の健康づくりの一端を担えたらと願っています。